所有権の放棄

2021年2月2日山陽新聞に「単身高齢者の賃貸入居円滑化」という記事が掲載されていました。これは単身高齢者が亡くなったあとの遺品処分を第3者に委託し家主の負担を軽減することで単身高齢者が借りやすくなるということです。

また同年2月3日同新聞に「土地相続登記義務付けとともに一定の要件を満たせば相続した土地の所有権を手放せる制度も新設する」とありました。

いずれも「所有権の放棄」がキーワードとなっています。高齢化時代に突入し所有権の意味が問われているように思いました。

特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square